FC2ブログ
私は帰国子女です。コミュニケーションとしてのSMに強い関心があります。
プロフィール
管理者:Eva
管理者イメージ
I had been "playing" in the scene since shortly after I arrived in London almost six years ago - firstly with friends and then, as time went by, at various parties and clubs. Quite a few people suggested, as I seemed to be "a natural" when in role as a Mistress I should consider it as a career.
最近のエントリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Leg Fetishism
leg_01.jpg

 日本に来て半年がたちました。来てすぐにこのBlogを始めましたが、忙しくてしばらく何も書けなかったです。学校が冬休みになって少し落ち着きました。イギリスでの思いでをまた書き綴ってみようと思います。

 Johnは私の足が好きだと言いました。以前から足を舐められていたので、今は特に変な気はしませんが、あらためて日本語で表現してみると、少し変な気がしました。

 私に魅力を感じているのは、足がきれいだから? もし私の足が太くて醜くかったら、私のことを嫌いになるの? Johnが足を舐めている時に私は意地悪く質問しました。Johnは私のことを愛しているから私の身体が全部好きで、その中でも一番足が好きだと言いました。
 ある時Johnがハイヒールを買ってくれました。そしてそれを履いた足を舐めたいと言いました。私はそれを履いていつものようにベッドに座り、Johnの顔の前に足を伸ばしました。

 Johnは私の足でなく、ハイヒールを舐めました。私は驚きました。買ったばかりだからそんなに汚れてはいないけど、シャワーを浴びた私の足よりはきたないその靴を、Johnは夢中で舐めていました。
 
 この時私は「やっぱりこの人は私ではなくて、足が好きなのね」と思いました。

 ずっと後になってわかったことがありました。男の人の中には、女性の足や脚に興奮する人がいることを。そしてハイヒールやブーツにも同様の性的な興奮を感じるものなのだということを学びました。私は男の人の靴にそういう感じ方をすることができません。靴を舐めたいなどと考えたこともありませんでした。Johnだけが特別ではないらしいけれど、結局私には理解できないことでした。
2005/12/18 (日) 15:21:37 | Diary | CM(-) | TB(-)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。