FC2ブログ
私は帰国子女です。コミュニケーションとしてのSMに強い関心があります。
プロフィール
管理者:Eva
管理者イメージ
I had been "playing" in the scene since shortly after I arrived in London almost six years ago - firstly with friends and then, as time went by, at various parties and clubs. Quite a few people suggested, as I seemed to be "a natural" when in role as a Mistress I should consider it as a career.
最近のエントリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Satori as a Mistress

鞭


 元彼の John はいわゆるマゾヒストでした。

ベッドの上ではいつも受け身で、この人はそういうタイプなのだと思っていました。ある時、ベッドインの前に「これで打って」と立派な鞭を私に手渡しました。革製の本格的なものでそれはとてもきれいでした。私は一瞬あっけにとられながらも「そんなことできるわけないでしょう」と言いました。John は「真似でもいいから、僕のことを叱って」と哀れそうな声で懇願するのです。こういうことが好きな男の人がいることは知識としては持っていましたが、まさか自分がこのようなことをすることになるとは思ってもいませんでした。ちょっと戸惑いながらも彼の望むようにしてあげようと覚悟を決めて、彼の背中めがけて一振り軽く打ってみました。ヒュンという鋭い音を立てたその一撃は、私の予測を超えた衝撃を John に与えたようです。もっと!と John は歓喜の呻き声をあげました。それと同時に私の中にも、得体のしれない歓喜の思いが沸き上がっていました。



2005/07/10 (日) 12:08:15 | Essay | CM(-) | TB(-)
Identity


 英国人の元彼は、日本のアニメファンで私は彼から GUNDAM や GHOST IN THE SHELL などの作品を知りました。最近欧米では日本のアニメが大はやりなんです。OTAKU という言葉はきちんとした英語になっています。私はちびまるこちゃんやドラエモンの方が好きで、もちろんこれらのシンプルな作品も人気が高いです。日本の男の子はシャーが好きみたいですが英国ではあまり人気がないみたい。私もアムロの方が好き。
 私にとって日本文化は異国とまでは言えないまでも、少し遠いところにありました。自分のアインディンティティはアメリカにイギリスにも日本にもないような気がしています。
2005/07/08 (金) 19:40:53 | Essay | CM(-) | TB(-)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。